人気記事アイコン人気記事Pickup

【キャロウェイゴルフ】ユーティリティSteelhead XRハイブリッドを徹底レビュー

  • LINEで送る
1

米キャロウェイは、Steelhead XRアイアン(キャロウェイ、Steelhead XR アイアンを徹底レビュー!)の発表とともにSteelhead XRハイブリッド(ユーティリティ)の発売も発表しています。ハイブリッドの1番の使命である許容性に抜群の期待を感じさせる新作ハイブリッドの性能に迫ります。

まずは、キャロウェイゴルフのユーティリティの種類について説明します。

【キャロウェイゴルフ】ユーティリティの種類

キャロウェイゴルフ_ユーティリティの種類

キャロウェイ

キャロウェイから発売されているユーティリティは以下の通り。(2017年8月現在)

【キャロウェイゴルフ】EPIC STARユーティリティ

2017年の大ヒット、EPICシリーズのユーティリティ。トライアクシャル・カーボンクラウンなど、注目の最新素材・テクノロジーを採用。全米ゴルフ協会規定ギリギリの高い反発係数が特徴。

【キャロウェイゴルフ】BIG BERTHA BETAユーティリティ

やさしく高い弾道を出しやすいユーティリティ。アベレージプレーヤーにとっても扱いやすいモデル。

【キャロウェイゴルフ】XR OSユーティリティ

大きめのヘッド設計で安心して構えることができるモデル。ソールの抜けも良し。

【キャロウェイゴルフ】APEXユーティリティ

上級者にオススメのモデル。インナーウエイト/ソールウエイトの組み合わせで、低・浅重心設計。左へのつかまりを抑えながら、ボールをコントロールしやすいヘッドサイズ。

【キャロウェイゴルフ】STEELHEAD XRユーティリティ

極薄フェース、ヘッドスピードをアップさせるスピード・ステップなど、飛距離性能を上げるために最大限の工夫がされたユーティリティ。

【キャロウェイゴルフ】APEXユーティリティアイアン

高い操作性を持つ上級者向けモデル。アイアン型ながらウッドと同等の反発性能を発揮。中空構造。

キャロウェイ・ユーティリティの長所が満載

1
出典 mygolfspy

Steelhead XRハイブリッドは、既にキャロウェイより発売されているユーティリティ、XR OSやAPEXに採用されたカップフェースのテクノロジーを生かして開発されています。APEXでその真価を発揮した低重心設計などで抜群の許容性を実現しています。

平均的なゴルファーにとっては高いボールスピードのみならず、抜けの良いソール・デザインの恩恵を受けることができます。キャロウェイのエンジニア・チームが徹底研究し、ソールと芝の相互影響の分析結果に基づいて採用した、トゥ・ヒール側に段差を持たせたソールによってAPEXより大きいクラブヘッドながら、抜けの良さは折り紙付きです。

APEXをプロ・上級者向けのユーティリティとするならば、新しいSteelhead XRハイブリッドは、中級者にとっても飛距離と寛容性を実感しやすいユーティリティといえるでしょう。

新世代ハイパースピード・フェースカップ

2
出典 米キャロウェイ

新世代ハイパースピード・フェースカップはボール初速を高めるだけでなく、スイートスポットを広くとることにより中心を逃したインパクトでも、ボールスピードを下げなくて済みます。

3
出典 mygolfspy

キャロウェイが航空・宇宙開発大手のボーイング社と手を組んでいるという話が一部で噂になっています。Steelhead XRハイブリッドにもボーイング社の空力学の専門家の技術が生かされているのだとか。そのスピード・ステップ・テクノロジーによって空力学的に高速でスイングしやすくなったハイブリッドは、軽い力でも飛距離を発揮できます。

米国ではSteelhead XRハイブリッドがSteelhead XRアイアンと同時に9月に発売されます。日本での公式の発表はまだありませんが、日本でもSteelhead XRアイアンが9月に発売されますので、登場の可能性は大です。標準シャフトはMatrix F15。オプションでMRC Fubuki AT 50/55/60、UST Recoil 450/460、UST Recoil 660/680、そして女性用のMRC Bassara 50も選択することができます。価格は219ドル(約2万3千円)。ぜひとも手にしてみたいハイブリッドです。

お問い合わせこちら

キャロウェイ

関連記事:

関連商品



メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]