人気記事アイコン人気記事Pickup

ゴルフの飛距離をアップする簡単すぎる18の方法【前編】

  • LINEで送る
1

米ゴルフ誌のホームページで、飛距離を上げる“Sneaky Ways(ズルい方法)”が紹介されています。
あなたは努力が好きですか?練習が好きですか?コツコツが好きですか?
好きになりたいけど、どうも苦手です。練習したいけど時間がないし、高性能のギアに頼りたいけどお金もない。スイングを変えたり、面倒なことをしたりせずに簡単に飛距離をアップする方法。ぐーたらゴルファーの皆さん、必見です。

細いグリップを使う

1出典 Lamkin
男性は女性用を、女性は特に細めのグリップを使ってみましょう。世界ドラコン選手権で3度王者に輝いているショーン・“ザ・ビースト”・フィスターは、女性用のグリップを使用しているそう。細いグリップの方がガッチリと、しかしふんわりと握ることができるので、よりヘッドスピードを得ることができるのだとか。

ティーは高く刺す

2出典 ゴルフダイジェスト・オンライン
ティーを高く刺すことは、科学的に証明された飛距離をアップする方法です。ティーを高く刺した時の方が、深く刺した時より、ハンディキャップ0~29のゴルファーで平均して12ヤード遠くへ飛ぶという実験結果があります。
テンプラには注意して、普段よりも地面からヘッドが上に位置するようにアドレスしてみましょう。

ちょっとドーピング?

スポーツの国際大会などで、ときたま?よく?問題になるドーピング。そもそも入手方法がわかりませんし、副作用もあるようです。ただ、薬局などで市販されているアミノ酸サプリなどを活用すればムリなくパフォーマンスが向上するかもしれません。
以前紹介した“最高のゴルフをプレーするための科学!栄養補給・食事編” を参考に、食事でコンディショニングをするのも効果的でしょう。

高地でプレー

1出典 標高日本一 菅平グリーンゴルフ

高地では大気圧が下がり、空気が薄くなります。空気抵抗が減る分球がよく飛びます。海岸沿いのゴルフコースより、山間のコースの方が飛距離を出しやすいでしょう。ただこれだと、一緒にラウンドする人とは差が出にくいですね。
ちなみに、池やクリークが絡んだコースでは、湿度が高まるため、平均3〜5ヤード程度飛距離が落ちるようです。

唸るインパクト

唸るインパクトとは、他人が自分のスイングをみて“スゴイ”と唸るのではなく、スイングのインパクト時に唸るということです。ドラコンで活躍する選手は、インパクト時に大きく唸って力を発揮させます。砲丸投げやテニスの選手でも力を込めたときに声をあげる選手をよく見かけますよね。少し恥ずかしいかもしれませんが、やってみる価値はあります。

フットスプレーでスイートスポット

3
出典 Golf WRX
スイートスポットでコンタクトすれば飛距離が伸びます。足の臭いを抑えたり、サラサラにしたたりするためのフットスプレー(パウダータイプ)をクラブフェースに吹きかけて試打してみましょう。フェースに残ったボール跡でスイートスポットをとらえているか確認できますよ。スイートスポットのコンタクトを向上させる練習法は“スイートスポットで解決する スライス・フック対策”でも紹介していますよ。

手と腕はリラックスさせて

オリンピックの水泳競技を思い出すと、スタート前に腕をぷらぷらと振ってリラックスさせようとする光景がありました。筋肉がこわばっていると、余計な力が入り、本来出るはずの飛距離が出ません。グリップを強く握りすぎずふんわりしっかりと握り、大きな筋肉の動きでスピードをあげましょう。

靴紐は固く結ぶ

靴紐を固く・きつく結ぶと、足が地面に強固に固定されます。地面からの力を生かすにはグリップ力が重要です。足の血が止まらない程度に、しっかりと靴紐を結びましょう。

打ったら3歩下がる

打ったらすぐに3歩下がりましょう。ボール自体は動いていなくとも、ボールとの距離はより遠くになりますよ。

まとめ

いかがでしたか。次回は残りの9つの方法をご紹介します。

参考

Golf.com
18 Sneaky Ways to Get Longer Without Changing Your Swing

関連記事:

関連商品



メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート