人気記事アイコン人気記事Pickup

リニューアルしたテーラーメイド GLOIRE(グローレ) Fドライバーをレビュー

  • LINEで送る
1

女性やシニア層から熱烈な支持を受け続ける、テーラーメイドGLOIRE Fシリーズがリニューアルしてこの10月に発売されます。新しくなったGLOIRE Fドライバーも、“やさしさ”が段違い。テーラーメイドはM1やM2だけがスゴイわけじゃありません。幅広い層にとって頼もしい存在になること間違いなしの、NEW GLOIRE Fドライバーの魅力に迫ります。

持ち味の“やさしさ”がさらに進化

1出典 テーラーメイド
旧モデルでも定評があった“やさしさ”、ミスへの寛容性が今回大幅に進化しています。NEW GLOIRE Fドライバーでは、3つの進化したテクノロジーで“やさしさ”を向上させています。

貫通型スピードポケットが大きくなった

旧モデルと比べてソールの溝“スピードポケット”が12%長く、2.7倍深く設計されています。スピードポケットは、インパクト時にフェースが柔軟に反る作用を引き出し、ばねのようにボール初速を向上させることが期待されています。スピードポケットを採用したクラブを使うツアープロが大活躍するなど、その性能は折り紙付き。高い反発性能で力まずスイングすることができます。

CGウエイトを搭載

5.5グラムのCGウエイトの搭載位置をさらに最適化しました。これによって、トゥ側・ヒール側の反発性能が向上しています。

スイートエリアが20%拡大

大きくなった貫通型スピードポケットと、最適化されたCGウエイトの位置により、スイートエリアも大幅に拡大しました。20%拡大したスイートエリアにより、多少外したコンタクトでも一定の飛びを確保することができます。

“やさしさ”が大きく進化したことで、飛距離性能なども向上しています。それぞれのテクノロジーの相乗効果を存分に発揮したドライバーです。

“つかまり”も向上

2出典 テーラーメイド

より気持ちよく飛ばせるようになったという点で、“つかまり”の向上が挙げられます。重心アングルが大きくなり、重心設計が改良されています。軽比重9-1-1チタンボディは低重心化を実現させ、採用されたαβチタンフォージドフェースが優れた反発力と打感を与えてくれます。

価格は8万5千円から、先行予約も

価格は8万5千円(税別)より。公式サイトから先行予約を現在行っています。シャフトはGL6600、Tour AD TP-5、Speeder 569 EVOLUTION IIIから選択可能。ロフト角は9.5°,10.5°の2種類(GL6600には11.5°も)。GL6600のみフレックスも3段階用意されています。

いよいよ発売が10月に迫るNEW GLOIRE Fドライバー、女子やシニア層など“やさしさ”を重視するゴルファーに是非お勧めしたい1本です。

お問い合わせこちら

テーラーメイド

関連記事:

関連商品



メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート