人気記事アイコン人気記事Pickup

冬ゴルフの準備は大丈夫?初心者に準備してほしい服装はこちら

  • LINEで送る

ゴルフ場が空いているなら出来れば足を運びたいゴルフ場。オフシーズンのゴルフのラウンド料金は通常よりも安く、ゴルフをはじめたばかりの方は悩ましいところ。そこで今回は主に初心者の方向けに冬のラウンド時にどんな服装をしたら楽しめてプレイできるのか?をお届けいたします。

Putting at Sundown

冬ゴルフは発熱性と伸縮性が大事

冬ゴルフで気をつけることは、寒さ対策を考慮して上着を着すぎ、スイングが出来なくなるような状態。そこでまずは、機能性の高いインナーを着用することを検討してみよう。例えば、このような商品だ。

まずは価格帯も手頃で試しやすいといった点もポイントのひとつだ。
そしてインナー選びのもうひとつのポイントである発熱性と伸縮性も忘れずにチェックしよう。

体も動きにくい冬ゴルフは機能性を重視していないと発汗がうまくいかず、体調を崩してしてまう可能性がある。着替えとして上下下着一着ずつ交換があればプレイ後は安心だろう。

重要なアウター選び

アウター選びは、寒い風邪を通さないウィンドブレーカーなどをおすすめしている。
ゴルフのスイングに支障が出る可能性もあるので袖のないダウンベストなども選択のひとつです。


ボア系のベンチコートに比べ、重量も軽くラウンド中に暖かくなってきたら脱いで調節することも可能。
下半身は寒冷地用にオーバーパンツを準備しておくのもいいでしょう。

グローブ(手袋)選びも重要

防寒対策の鉄則は肌が露出している面積をなるべく少なくすること。グローブをしない右手はゴルファーの弱点ですが、その場合は両手グローブの着用をおすすめします。

ただし繊細なタッチが要求されるシーンでは、着脱できるように工夫が必要です。

まとめ

機能性だけを重視するといざ寒くなってきたときに体が動かないという状況になってしまいます。バランスを取りながら防寒対策の準備を行っていきましょう、また、指先の感覚を大事にするためにホッカイロなどの工夫も忘れずに。

  • 機能性 = 発熱生&伸縮性
  • 肌の露出をできるだけ減らす
  • 自分にあった防寒対策を手頃で試しやすい価格帯から

待ち時間が多いスポーツとして有名なゴルフ。しっかりとした防寒対策で冬ゴルフを楽しみましょう。

関連記事

関連商品

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]