人気記事アイコン人気記事Pickup

新登場 タイトリスト 917F2 ・917F3フェアウェイウッドをレビュー

  • LINEで送る

10月21日に917D2 ・917D3ドライバーと合わせて発売されるのが917F2 ・917F3フェアウェイウッド。917のドライバーシリーズと同様、最新のテクノロジーがふんだんに採用され、各方面から高い評価の声が上がっています。米Golf WRXの917F2 ・917F3フェアウェイウッドに対する評価は満点の星5つ。手にした瞬間“一目惚れ”してしまうかもしれない、新作フェアウェイウッドを徹底レビューします。
917D2,917D3が気になる方はこちらの記事をチェック。”新登場 タイトリスト 917D2 ・917D3ドライバーをレビュー”

2917F2 ・917F3の売りは“重心”

1 (3)
出典 Golf WRX
917F2 ・917F3には、ドライバーと同じくSureFit CGと呼ばれる重心を自在に調節できる機能が搭載されています。ウエイトを調節することによって、よりスピンを効かせて滞空時間の長いドローを、スピンを減らして膨らみすぎないフェードを打つことをアシストしてくれます。

タイトリストが行ったテストでは915シリーズと比べて、4~7ヤード飛距離をアップすることができるとのこと。米Golf WRXが行った実験でも、キャリーが4ヤード程度、飛距離としても3.5~6.3ヤード飛距離がアップされていることが確認されています。

917F2・F3は917シリーズのドライバーと同様、アクティブ・リコイル・チャネルも進化しています。たわみを生かした高い初速が実感できるようになっています。フェースの厚さを段階的に設計しているので、中心を外しても許容性を確保しながら高初速を維持することができます。

高弾道のF2、低スピンのF3

2 (2)
出典 Golf WRX
917F2は915Fの後継に当たります。やや大きめのクラブヘッドで高弾道をはじき出します。高い許容性を求める場合にはF2を選択しましょう。それに対して917F3は915Fdの後継に当たります。コンパクトなヘッドで、低弾道・低スピンが特徴的です。こちらのモデルの方が操作性では優れています。

価格は4万3000円から

3 (3)出典 タイトリスト

917F2 と917F3は4万3000円(税別)~の発売予定です。F2のロフト角は13.5°,15°,16.5°,18°,21°の5種類(左用は15°と18°のみ)、F3は13.5°と15°の2種類が展開されます。タイトリストの試打会には9月24日から登場するとのこと。SureFIT CG用のアクセサリーも別売りで発売されます。

高い評価を得ているフェアウェイウッド、自分の手でその真価を試してみたいものです。

お問い合わせこちら
タイトリスト

関連記事

関連商品



メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート