人気記事アイコン人気記事Pickup

フェード・ドローの打ち方 フィニッシュを変えるとスイングが変わる!

  • LINEで送る
フェード・ドローを生むフィニッシュ

フェードでキャリーを稼いだり、ドローでランをアップしたり、自在に打ち分けたいと誰もが夢見るもの。スタンスの取り方にはじまりテークバック、フォローまで。フェード・ドローを打つための理論は複雑怪奇。そう簡単に理想通りに打つことはできません。今回はもっとシンプルに、フェード・ドローを打つための方法に迫ります。フィニッシュを変えるだけでスイングが劇的に改善するかも。

スイング軌道とフェード・ドローの関係

ドロー画像出典 PXG

フェード・ドローを打つためにはセットアップからフィニッシュまで多様な理論があるわけですが、その拠り所になるスイング軌道との関係をみていきましょう。

一般的に、フェードを打つ時にはターゲットラインより外側から打つアウトサイド・インの軌道、ドローを打つ時には反対に内側から打つインサイド・アウトのスイング軌道を描くといわれています。ただし、アウトサイド・イン、インサイド・アウトに気を取られすぎてスライスなどが多発しやすいのも難点。

そこで、スクウェアなスイングを維持しながらオープンにインパクトすることでフェードを、クローズドにインパクトをすることでドローを打つことができるとされています。

では、フェード・ドローのスイングを作るためのフィニッシュについて検討しましょう。

フェード・ドローを生むフィニッシュ

フェード・ドローを生むフィニッシュ出典 PXGGolf Digest
(写真:左からドロー、ストレート、フェード)

フィニッシュを変えるとスイングが変わるのは、終わりよければすべてよし、というわけでなく、フィニッシュの形にスイングの軌道が反映されるからです。フィニッシュの形が正しければ、スイングも正しい。正しいフィニッシュを意識してスイングすればより理想的にフェード・ドローを打つことができます。

ドローの場合、クラブヘッドが大きく背中に回り、肩甲骨そばまでたどり着くようなフィニッシュを作ります。

フェードの場合、フィニッシュは前腕とシャフトが直角になるところ、つまりクラブヘッドが垂れ下がる前に止まります。

画像のようなフィニッシュをつくれば、そこにたどりつくスイング軌道に必要な肩のライン、オープン、クローズド、などが自然と再現されます。ゴルフ中継などを楽しむときは、プロのフィニッシュとその弾道を見比べ、その重要性を確認するのもよいでしょう。

フィニッシュを意識することで、もっとシンプルにフェード・ドローを打ちませんか。

参考

関連記事

メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]