人気記事アイコン人気記事Pickup

コーヒーを飲むとゴルフのスコアがアップ!!!

  • LINEで送る
カフェイン

コーヒーを飲むとゴルフのスコアがアップするそうです。ラウンド当日の朝食にこれまで何気なく飲んでいたコーヒーが、実は潜在能力を引き出していたかも。その秘密はコーヒーに含まれるカフェイン。カフェインがゴルフに好影響を及ぼすかもしれないという気になる研究結果をご紹介します。

カフェインを摂ると2打減った!

カフェイン出典 Pixabay

カフェインを摂るとスコアが2打減った、という研究結果を紹介しているのが米国アラバマ州にある由緒正しきオーバーン大学。適度なカフェイン接種がスポーツ・パフォーマンスに好影響を及ぼすという研究はこれまで多くなされていましたが、ゴルフでの研究はあまりなされてきませんでした。

実験にはハンディキャップが3から18の男性ゴルファー12人が参加。18ホールずつ、2日間で36ホールプレーします。ランダムに選ばれた被験者がラウンド開始前にコーヒー1杯分のカフェイン量に相当する155ミリグラムのカフェイン錠を摂取、また昼食時にもう1錠摂取します。それ以外の被験者はカフェインの含まれないプラシーボの錠剤を同じく摂取します。

実験結果はカフェインなしのグループの平均スコアが79を超えたのに対して、カフェインありのグループの平均スコアは約77。カフェインを摂取した方がおよそ2打少なくラウンドを回ることができるという結果になりました。カフェインありのグループの方がグリーン・オン率や飛距離でも優位な結果を残したことが確認されています。

ゴルフにおける2打は致命的。ゴルフをプレーするときには、コーヒーなどでカフェインを摂取するとスコアアップにつながる可能性大です。

カフェインは用法用量を守って

注意していただきたいのは、カフェインを2倍とれば4打、3倍とれば6打減るわけではないということ。摂りすぎは高血圧などの原因となりかえって逆効果になる可能性も。カフェインには利尿作用がありますので、コーヒーを飲んでも水分補給にはなりません。用法用量を守り、不安な方は医師や専門家に相談しましょう。

スコアアップにはあくまで練習第一であるという指摘も。コーヒー、カフェインに過剰に頼るのも禁物です。

ラウンド当日の朝食の1杯、これからは香り立つコーヒーがさらにおいしく感じるかもしれません。

参考:
Fox News Health
出典 “Caffeine may chip a couple strokes off golf score”

関連記事

メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート