人気記事アイコン人気記事Pickup

徹底比較!コストコゴルフボール VS タイトリストプロV1

  • LINEで送る
コストコゴルフボール1

今、コストコのプライベートブランド、カークランドシグネチャーから発売されているゴルフボールが全米で大きな話題となっています。タイトリストプロV1に匹敵する性能を4分の1の値段で手にすることができるというコストコゴルフボール。テーラーメイドの新M1、M2やタイガー・ウッズの復帰といったニュースに勝る勢いで、ゴルフ界の話題を総なめしています。そんな中、ゴルフギア情報サイト、MyGolfSpyがコストコゴルフボールとタイトリストプロV1の性能をテストし、徹底比較しています。コストコゴルフボールの真価は、注目です。

コストコゴルフボールとは?

コストコゴルフボール2出典 MyGolfSpy

コストコゴルフボールとは、4ピースのツアーレベルボールでありながら、2ダース3000円という価格破壊的安さで販売されているゴルフボール。飛距離性とスピン性を両立させながら、タイトリストプロV1の4分の1の値段で購入できることから、発売以来注文が殺到しています。

現在は主に米コストコのオンラインショッピングサイトからの購入ですが、在庫が追加されるたびに数時間で完売、という状況が続き、非常に品薄な状態です。スリクソンZ-STARやタイトリストプロV1を引き合いに性能の高さが口コミで広がり、現在製品ページには159ものレビューが寄せられています(2016年12月24日現在)。そのうち142人が星5つの評価を与えており、平均評価は星4.8。

ニューヨークタイムズによれば、米国内のみで年間3億個、額にして700億円分近くのゴルフボールがロストされているのだとか。日本国内でも矢野経済研究所によれば、年間1億個、200億円前後のゴルフボールが出荷されています。

ゴルフボールはロストするもの。特にアベレージゴルファーにとっては性能と同じくらい、ゴルフボールのコスト、支出は重要な問題となっています。

コストコゴルフボールの日本登場は今のところ未確認ですが、低価格高性能のコストコゴルフボールは、多くのゴルファーのギア環境を劇的に改善させるポテンシャルがあります。今後も、情報を追っていく価値が十分にあるゴルフボールでしょう。

軍配はまさかのコストコゴルフボール!?

コストコゴルフボール3出典 MyGolfSpy

MyGolfSpyは、コストコゴルフボールとタイトリストプロV1を同時にテストし、性能のガチンコ勝負を行っています。

実験では6名のゴルファーがコストコボールとプロV1をそれぞれ試打し、データを集計しています。ゴルファーのハンディキャップは0~15、スイングスピードは90~110mph。全員が同じドライバー、6番アイアン、サンドウェッジを使用して、それぞれのボールを10~12打ずつ試打しています。

そしてなんと、コストコゴルフボールに軍配が上がる、という結果となりました。注目すべき指標として、

  • ドライバーでコストコゴルフボールの方が9ヤード高い飛距離
  • ドライバーでコストコゴルフボールの方が300rpm低スピン
  • 6番アイアンでは飛距離、スピン量ともにほぼ互角
  • ウェッジではほぼ互角の飛距離
  • ウェッジではコストコゴルフボールの方が200rpm高スピン

が挙げられます。特にドライバー時にはコストコゴルフボールの方がキャリーで7.56ヤード、飛距離にして9.31ヤード多く飛び、プロV1は大きく水をあけられる、という結果になりました。

それにしても恐るべき、コストコゴルフボール。性能を断言するのにはさらなるテストが必要ですが、ツアーボールとして申し分のない実力を持っていると考えられます。

レビューページには、プロV1よりやや硬い感じがする、耐久性がプロV1に劣る、という声もあります。しかしプロV1の4分の1の値段で購入できるコストコゴルフボールは値段以上の、驚きの性能をアベレージゴルファーにも広く体験させてくれること間違いなしです。

詳しい実験結果などは、MyGolfSpyの記事で解説されています。気になった方は是非ご一読を。コストコゴルフボール、日本でも使ってみたい!

参考
Mygolfspy
“Kirkland Signature (vs) Titleist Pro V1”

関連記事

  • コストコのゴルフボールが意外とすごい という話
  • メールマガジンをはじめました

    画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

    試しに登録してみる

    SNSでもご購読できます。

    [スポンサーリンク]