人気記事アイコン人気記事Pickup

TPT Golf アベレージ・ゴルファー専用シャフトが話題です

  • LINEで送る
TPTGolf1

世界のゴルフ市場では今、新商品の登場ラッシュ。特に世界最大級のゴルフ見本市“2017 PGA Merchandise Show”では、TPT Golfが展示しているアベレージ・ゴルファーの使用に特化したシャフトに、大きな関心が寄せられています。耳にしたことのないブランド名ですが、他競技などで使用するカーボン加工なども手掛けて、技術力はピカイチ。これまでにない製法をシャフト製作に取り入れた、TPT Golfのシャフトの性能に迫ります。

ヨットで培った技術力!?

TPTGolf2出典 Golf WRX

TPTシャフトは、ヨットなどで培った技術をシャフトに再現することで、これまでにない製法を採用しています。従来のシャフトの場合、軸にくるくると素材を巻き付けるようにすることで、シャフトを製造しているのだとか。巻き付けていく過程でどうしても生まれてしまうのが、ずれやはみ出し。その結果、不要なねじれやゆがみが生じ、打球のばらつきに影響します。

TPTシャフトは、よりロボット等で自動化された工程を採用し、“Thin Ply Technology”という技術を活用。シャフトをより円に近い、ばらつきの少ない仕様に仕上げています。誤差の少ない、より正確に丸みを帯びたシャフトになったことで、安定したインパクトでアベレージ・ゴルファーにとっても飛距離を出しやすくなりました。

同様の技術は、F1の車体などにも活用されており、シャフトの製法に新たな視点をもたらすのではないでしょうか。

スイングスピードに応じた4モデル

TPTGolf3出典 TPT Golf

TPTシャフトはアベレージ・ゴルファーのスイングスピードに合わせて4モデルを展開。

スイングスピード47m/s~53m/s向けのTPTシャフト15シリーズ、
スイングスピード40m/s~47m/s向けのTPTシャフト16シリーズ、
スイングスピード33m/s~40m/s向けのTPTシャフト17シリーズ、
スイングスピード27m/s~33m/s向けのTPTシャフト18シリーズ、のラインナップ。

それぞれのシャフトシリーズに中調子と先調子のモデルを展開。トルクの大きさは、硬すぎず柔らかすぎない中間に設定。スイングスピードやテンポ感に応じて豊富な選択肢が存在しています。

また、2017年中に、ジュニア・シニア・レディースに向いているより軽量なシャフトシリーズの投入も予告されています。

これから成長していくのであろうシャフトブランドなだけに、国内でこのTPTシャフトを手にするまでには、しばらくかかりそうです。しかし、従来のシャフトとは異なるアプローチで製作されているだけに、その違いをぜひ自分の手で試したいものです。

お問合せ
TPT Golf

関連記事
ミート率が上がる!アマチュアゴルファー向けおすすめシャフト4選

メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]