人気記事アイコン人気記事Pickup

フェアウェイバンカーの抜け出し方・攻略法

  • LINEで送る
フェアウェイバンカー1

フェアウェイバンカーからの抜け出し方の基本、そしてバンカーのライに応じたコツ・攻略法をご紹介します。テンション下がりがちなフェアウェイバンカーも、手順を押さえればニガテにはなりません。フェアウェイバンカーの攻略法をみていきましょう。

フェアウェイバンカーの基本

フェアウェイバンカー2出典 Flickr

まずはフェアウェイバンカー攻略の基本から。なだらかなライのフェアウェイバンカー中央付近にボールがある場合を想定します。

安定したセットアップ・砂を上げない姿勢をとる

足場の悪いフェアウェイバンカーでは安定した姿勢から。少し砂に足を潜らせるようにして足元の安定感を高めます。スイング時に砂をつかまえるとパワーロスやミスの原因に。砂を上げないように、いつもより背筋を伸ばした姿勢を意識しましょう。手を通常より低い位置でグリップすることで、クラブが砂に潜り込むことを予防することができます。

砂に触れないようなスイングを

砂に触れないクリーンなヒットを目指します。ボールのほんの少し手前を打つように、ややトップ気味の感覚でスイングします。腰の中央にボールがあることをイメージしながら、ブレのないスイングをしましょう。

フェアウェイバンカー上からは距離感が合わないことがあります。無理なく適当な飛距離を出すためにも1つか2つ大き目の番手を選びましょう。

フェアウェイバンカー ライ別攻略法

次に、ライに応じたコツ・攻略法をみていきます。

アゴの手前の場合

アゴの手前にボールが落ち、高く越えなければならない場合。飛距離よりもまず、アゴをクリアしなくてはならない状況では、十分すぎるくらい余裕のある大きさのロフト持った番手を選びましょう。左肩が右肩より高くなるように傾け、インサイドからのスイングをすることで、より容易にアゴを越えることができます。

ダウンヒルの場合

前方に向かって下るようなダウンヒルの場合。特に難しいライですが、ワイドなスタンスをとって、いつもより3~5㎝低めでグリップします。バックスイング時には手首を甲側にたたむようにヒンジさせます。そのまま下半身を安定させつつスイングしましょう。

いかがでしたか。フェアウェイバンカーの難しいライにも、攻略を楽にさせるコツがあります。憂鬱なフェアウェイバンカーも穏やかな気持ちで攻略しましょう。

参考
Golf Digest
“Hit It High & Soft Like The Best Sand Player On The LPGA Tour”
“Simple Tips To Get Out Of Any Fairway Bunker”

関連記事
クセを直す!コースでこんなミスが出たら: アイアン編

メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]