人気記事アイコン人気記事Pickup

ゴルフ マスターズ 選手の出場資格まとめ

  • LINEで送る
マスターズ1

ゴルフの4大メジャーの中でも特に格式高いマスターズ。どんな基準で出場選手が選ばれているのでしょうか。2017年大会は4月6日開幕。大会まで1か月を切りました。マスターズの出場資格は何を基準に与えられるか。まとめました。

出場資格19項目

マスターズ2出典 Flickr

①マスターズ優勝者(生涯資格)
②全米オープン優勝者(過去5年)
③全英オープン優勝者(過去5年)
④全米プロゴルフ選手権優勝者(過去5年)
⑤ザ・プレーヤーズ選手権優勝者(過去3年)
⑥現在のオリンピック金メダリスト(1年のみ)
⑦全米アマチュアゴルフ選手権上位2名(前年、出場時アマチュアに限る)
⑧全英アマチュア選手権の優勝者(前年、出場時アマチュアに限る)
⑨アジア・パシフィック アマチュア選手権の優勝者(前年)
⑩ラテンアメリカ アマチュア選手権の優勝者(前年)
⑪全米ミッドアマチュア選手権の優勝者(前年)
⑫マスターズ、12位タイまでの選手(前年)
⑬全米オープン、4位タイまでの選手(前年)
⑭全英オープン、4位タイまでの選手(前年)
⑮全米プロゴルフ選手権、4位タイまでの選手(前年)
⑯前年のマスターズ以降、フェデックスカップのフルポイント対象試合に該当するPGAツアーの優勝者
⑰ザ・ツアー・チャンピオンシップbyコカ・コーラ出場資格者(前年)
⑱12月末までの世界ランク上位50名(前年)
⑲マスターズ直前週の世界ランク上位50名

まとめ

マスターズ2017年大会においては、2016年のリオデジャネイロ・オリンピックでゴルフ競技が復活したことから、その優勝者が招待されていることなどが特徴的です。日本人選手においては、松山英樹が複数項目に該当し出場資格を獲得。池田勇太も⑱に該当するためマスターズ2017年大会の有資格者となります。

2017年大会のディフェンディング・チャンピオンはダニー・ウィレット。昨年後半に快進撃をみせた松山英樹、復活を願いたいタイガー・ウッズなど見どころのたえないマスターズが、いよいよ目の前に迫ってきています。

参考
Augusta
“Qualifications for Masters Invitation”

メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート