人気記事アイコン人気記事Pickup

解説 ゴルフ・マスターズ チケットの入手方法

  • LINEで送る
マスターズチケット1

携帯電話やカメラの持ち込み禁止(カメラは練習日のみ可)など厳格なルールのもと、ゴルフ観戦だけに集中できる、独特の雰囲気のマスターズ。入手困難といわれるゴルフ・マスターズの観戦チケット。マスターズが閉幕すると、すぐに翌年のマスターズのチケット争奪戦が始まります。一般向けには、インターネットから抽選によってチケットを申し込むことができますが、抽選受付は前年の4月中旬・下旬から5月末までのたったの1か月強のみ。マスターズのチケットで知っておくべき情報、入手方法を解説します。

オフィシャルサイトからの申し込み

マスターズチケット2出典 Masters Tickets

マスターズでは一般向けに、練習日、トーナメント日の1日券を少数ですが抽選で販売しています。抽選申し込みには、オフィシャルサイトでアカウントの登録が必要。https://tickets.masters.com/en_US/index.html より、メールアドレスを入力してアカウントを作成。会社や寮の住所ではない定住地の住所や、電話番号といった情報を登録します。また、申し込みは1世帯当たり1回のみ、21歳以上が行わなければならない点にも注意。日本の住所でも申し込み可能。

2018年マスターズのチケットは、2017年4月中に詳しい情報が登録したメールアドレスに届きます。

2017年マスターズのチケットの例として、
トーナメントの1日チケットの申し込み締め切りは2016年5月31日、
練習日の1日チケットの申し込み締め切りは2016年6月25日、でした。

チケットの当選結果は、締め切りの翌月中旬ごろにメールで連絡されます。大会日程1日当たり4枚まで申し込みが可能です。

1日券の価格は練習日で65ドル、トーナメント日で100ドル。インターネット・オークションでは練習日のチケットで約400ドル以上、トーナメント日のチケットで数千ドル、日本円で数十万円以上に高騰することも。

もしオフィシャルサイトでの抽選でチケットを入手したならば、航空券や宿泊の手配など手間はあれど、当選の幸福感と自由な旅程で観戦を楽しむことができます。

旅行代理店からの申し込み

お金の心配がないのならば、旅行代理店のパッケージ商品などで複数日確実に観戦できるツアーなどもよいでしょう。

大手旅行代理店のH.I.Sの スポーツ観戦ツアーパッケージや、ゴルフ観戦ツアーに特化した旅行代理店の JetGolf トラベルパートナーズなどがマスターズ観戦ツアーを過去に販売しています。

価格は航空券や宿泊込み、決勝ラウンド2日観戦で100万~150万円以上。

翌年のマスターズの場合、前年の8月ごろから続々とツアーの販売等が始まるので、ツアーで観戦する際にも情報収集はお早めに。

マスターズをぜひ生で観戦したいという方には、オフィシャルサイトでの抽選販売とツアー観戦の2段構えがオススメ。夢のマスターズ観戦、準備は1年がかりで。

関連記事
オーガスタ、マスターズの売店は超リーズナブル 名物(?)サンドのレシピも
ゴルフ マスターズ 選手の出場資格まとめ

メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート