人気記事アイコン人気記事Pickup

【ミズノゴルフ】JPXとMPのアイアン評価を比較【ミズノアイアンの歴史】

  • LINEで送る
JPXとMP1

日本を代表するゴルフクラブブランド、ミズノの人気アイアン、MPアイアンとJPXアイアンの両シリーズのご紹介です。数々の名軟鉄鍛造アイアンを世に送り出してきたミズノを背負う両シリーズ。特徴を比較します。

まずはミズノゴルフにおける、ミズノアイアンの歴史について解説します。

【ミズノゴルフ】ミズノアイアンの歴史

(参照:ミズノゴルフ

ミズノアイアンの歴史は戦前にさかのぼります。1906年に野球ボールなどの販売を始めた水野兄弟商会は、美津濃商店に名前を変え運動装用具の製造を始めつつ、1921年ごろからゴルフクラブづくりにとりくみはじめました。

1933年、現在のミズノは、日本初のゴルフクラブ“スターライン”を発売しました。このときのスターラインアイアンは鍛造アイアンでした。1943年には養老工場が開設されるなど、だんだんとミズノのアイアン製造が進んでいきます。

1968年には、2000年代初頭まで続いたミズノの高級ゴルフクラブブランド、“グランドモナーク”シリーズのアイアンが初めて登場しました。1974年にはジュニア向けの“フレディー”シリーズ、女性向けの“クイーンメアリー”シリーズのアイアンもそれぞれ登場しています。

1982年には世界に先駆けてカーボンヘッドのゴルフクラブ、“バンガード”シリーズのアイアンが発売。1992年には“ノータス”シリーズアイアンが大ヒットするなど、数々の人気アイアンを世に送り出し続けています。

【ミズノゴルフ】JPXシリーズの評価

JPXとMP2出典 ミズノ ゴルフ

2016年末に登場したJPXシリーズの最新作、JPX900シリーズからはフォージドアイアンモデルとスピードメタルアイアンモデルの2種類が発売。同シリーズのツアーモデル(一般向け未発売)は欧米のツアープロも多く使用し、国内外で高い注目を集めました。

JPX900フォージドアイアンはアスリート向けの軟鉄鍛造モデル。ボロン鋼の採用で強度が30%上昇した最新モデルは、従来よりも高い反発性能で軟鉄鍛造のソフトな打感からさらなる飛距離アップを達成しています。

JPX900 スピードメタルアイアンは鋳造の高反発モデルで、ミズノアイアンの中でも特に飛距離性能と寛容性が高いモデル。スイートエリアも大きく、打ちやすさを実感できます。

2017年5月時点で、6本セット定価11万4,000円のJPX900 フォージドアイアン(NS PRO 950GH HTスチールシャフト)の実勢価格は10万円台。5本セット定価7万5,000円のJPX900 スピードメタルアイアン(MZ1190 スチールシャフト)の実勢価格は6万円台後半。中古もほぼ値崩れ無しの10万円前後の取引が目立ちます。1世代前のJPX850シリーズのアイアンも品ぞろえが充実。フォージドアイアンモデルで5万円前後から、お手頃に手に入れることができます。

【ミズノゴルフ】MPシリーズの評価

JPXとMP3出典 ミズノ ゴルフ

ミズノのゴルフクラブの代名詞ともいえるMPシリーズの軟鉄鍛造アイアン。高い性能+αで体感できる、構えたときの興奮や上質な打感が魅力で根強いファンも多いモデル。2016年に発売されたMP-66アイアンが最新モデルです。ハーフキャビティのMP-66アイアンに対して、マッスルバックのMP-5、深いキャビティをもつMP-55などが販売されています。

MP-66アイアンは打感と操作性、そしてやさしさを両立しているモデル。ネックラインが正面、飛球線を向く“和顔”の設計はアドレスで構えやすく、球を拾いやすい設計。純度の高い素材をミズノ独自の絞りを加えた製法で鍛造したアイアンは、国内外の他の軟鉄鍛造アイアンにはないフィーリングの良さを生み出しています。

2017年5月時点で、6本セット定価11万4,000円のMP-66アイアン(ダイナミックゴールド スチールシャフト)の実勢価格は10万円台から。MP-5アイアン、MP-55アイアンもほぼ定価通りの販売。MP-66アイアンの中古クラブは状態にもよりますが7、8万円前後からの品ぞろえ。

【ミズノゴルフ】MPアイアンの歴史

JPXとMP4出典 ミズノ ゴルフ

1997年にタイガーが愛用していたMP-29アイアンやMP-14アイアン、2001年に発売されたMP-33アイアンを筆頭に、多くのファンを生み出しているMPアイアンシリーズ。クラフトマンの技術とこだわりを反映したクラブはまさに職人芸。そのフィーリングにプロ・アマ問わず数々のゴルファーがとりこにされています。最近では2012年発売、ルーク・ドナルド監修のMP-64アイアンや2013年発売のMP-4アイアンなどもしばしば名器として挙げられています。

ミズノ、岐阜の養老工場で職人の手で製造されたゴルフクラブは“YORO JAPAN”ブランドとして広く知られています。

MPアイアンシリーズは、シリーズ内にマッスルバックモデルからフルキャビティモデルまで豊富なラインナップ。型落ちのモデルなどでも別注品として取り扱い、販売されることなどからなかなか値崩れしないゴルフクラブとしても知られています。

【ミズノゴルフ】JPXとMPのアイアン評価を比較

・飛距離性能としてのJPXアイアン
MPアイアンと比較した場合、JPXアイアンは扱いやすさや飛距離性能で優位性をもっています。ミズノアイアンのエントリーモデルとしても高い魅力のJPXシリーズ。JPX900アイアンの場合、初心者や寛容性を第一とするゴルファーにはスピードメタルアイアンがオススメ。飛距離を重視するアスリートやミズノの軟鉄鍛造アイアンの打感をより手軽に味わいたいゴルファーにはフォージドアイアンがオススメです。Golf WRXが行ったテストではキャロウェイのApexアイアンやスリクソンのZ565アイアンと比較した際に、ほぼ引けを取らないフォージドアイアンの飛距離性能と高いスピン量が確認されています。打感に関して数字には表せない良いフィーリングを持っているというフォージドアイアンの評価も。

参照
GOLF WRX

・自分だけの1本としてのMPアイアン
打感や操作性で高い評価を受けているMPアイアン。無駄のない設計は、難しさを想起し敬遠するゴルファーもいますが、豊富なデザインをもつMPアイアンの中にはやさしさを兼ね備えたモデルも。MP-4やMP-5アイアンがスイートエリアの小さい超アスリート向けモデルとするならば、MP-55やMP-15、MP-66アイアンはより幅広いアスリート層にとって扱いやすいややスイートエリアの大きいモデル。フィッティングやカスタムを通し自分だけの1本を見つけやすいシリーズがMPアイアンシリーズです。

ロフト角やライ角の細かいオーダーはもちろん、ヘッドの仕上げや豊富なシャフトラインナップでオンリーワンのゴルフクラブを実現できるミズノアイアン。 ミズノクラブオーダーでオンラインでのカスタムオーダーも可能です。

メールマガジンをはじめました

画像:Asg Golf Magazine メールマガジンについて

試しに登録してみる

SNSでもご購読できます。

[スポンサーリンク]