テクニック

人気記事アイコン人気記事Pickup
2016マスターズ メンテナンス
急上昇キーワードアイコン急上昇キーワードKeyword
人気タグアイコン人気タグTag

コブラ KING F8ドライバー この冬発売か

20171129_1

コブラより、King F8,F8+ドライバーのご紹介です。海外で2018年より新たにF8シリーズの発売が発表され、全貌が徐々に明らかになっているコブラの最新ドライバー。他の競合メーカーにはない最新のテクノロジーが随所にみられるKing F8ドライバーに、関係者も大きな関心を抱いている模様。注目のドライバーに迫ります。

続きを読む

2017年 ブレードアイアン おすすめ4選

20171124_1

操作性はもちろん、打感の良さでもアスリートゴルファーからの支持が厚いブレードタイプのアイアン。米ゴルフギア情報サイトのGolf WRXは“The hottest blade irons in golf right now”と題して4つのアイアンをピックアップ。海外でも評価が高いブレードアイアンとは。その詳細をご紹介。

続きを読む

テーラーメイド M4ドライバーが発売間近!?

20171116_1

テーラーメイド“M4”ドライバーの写真が海外でリークされています。2017年モデルM1/M2モデルの売れ行きも好調ですが、2018年はM4ドライバーが話題を席巻するかもされません。流出した画像を分析しつつ、気になるM4ドライバーの最新情報を最速でお届けします。

続きを読む

徹底解説 セルヒオ・ガルシア スイングの秘密

ガルシア1

晴れて2017年オーガスタの王者に輝いたセルヒオ・ガルシア。20年近くツアープロとして、そして超一流のツアープロとして活躍を続けているセルヒオ・ガルシア。マスターズ勝利を受け海外のゴルフ情報サイトでも、彼のスイングテクニックを解説する記事を掲載、再ピックアップしています。セルヒオ・ガルシアから学べる事とは、概要をまとめました。

続きを読む

ゴルフ マスターズ 選手の出場資格まとめ

マスターズ1

ゴルフの4大メジャーの中でも特に格式高いマスターズ。どんな基準で出場選手が選ばれているのでしょうか。2017年大会は4月6日開幕。大会まで1か月を切りました。マスターズの出場資格は何を基準に与えられるか。まとめました。

続きを読む

フェアウェイバンカーの抜け出し方・攻略法

フェアウェイバンカー1

フェアウェイバンカーからの抜け出し方の基本、そしてバンカーのライに応じたコツ・攻略法をご紹介します。テンション下がりがちなフェアウェイバンカーも、手順を押さえればニガテにはなりません。フェアウェイバンカーの攻略法をみていきましょう。

続きを読む

プレゼントにいかが? 世界の奇妙なゴルフグッズたち

ドライバードリンクディスペンサー

あの人へ贈りたいクリスマスプレゼントはもう決まりましたか。世界は広し、世の中には多くの奇妙キテレツなゴルフグッズが出回っているようです。米PGAオフィシャルホームページでは“7 odd golf gifts(7つの奇妙なゴルフギフトたち)”と題して、開いた口がふさがらなくなるようなゴルフグッズを紹介しています。奇を狙ったプレゼント、うけを獲りに行くプレゼントには最適かもしれないグッズを厳選してご紹介します。

続きを読む

風に負けない 低弾道、パンチ・ショットの打ち方

アドレス左足体重

低弾道の方が、飛ばしやすい場面があるのをご存知ですか。いつもより多く転がして飛距離を伸ばしたいとき、高弾道だと球が押し戻されるような強い風が吹いているとき、低弾道で飛ばす技術を持っているとコース攻略の幅が広がります。低弾道で伸びのある打球を生み出すスイングを“パンチ・ショット”と呼ぶことがあります。いつものスイングを少し変えるだけで、パンチ・ショットを生み出すことができます。風に負けない低弾道、パンチ・ショットの打ち方を簡単スリーステップで解説します。

続きを読む

テーラーメイド M2シリーズ、2017年にリニューアルか

2017年M2

テーラーメイドの大人気M2シリーズが、2017年にリニューアルし、さらなる性能アップがあるかもしれません。米大手ゴルフギア情報サイトのGolf WRXが2017年モデルのテーラーメイドM2ドライバー・アイアンと思われる画像を公開しています。日本では2016年3月に登場したばかりのM2シリーズですが、世界的な大ヒットを受けてでしょうか、かなり早い次期モデルの投入となります。テーラーメイドの公式アナウンスはまだですが、注目の2017年M2シリーズに迫ります。

続きを読む

バウンスを生かしてチップ・ショット上達!

バウンスとは

グリーン周りからの短いアプローチ、チップ・ショットでどうもピンにうまく寄せられないあなた、バウンスを生かし切れていないのかもしれません。バウンスの仕組みを理解することでピンまでの余計な1打を減らすことができます。各クラブメーカーが特にウェッジなどでこだわりを見せるバウンスデザイン。ゴルファーの技量や特性でそのデザインは多種多様。今回は、バウンスとそれを生かした打ち方に迫ります。

続きを読む

[スポンサーリンク]

ジャパンゴルフフェア特集

ジャパンゴルフフェア2016 ジャパンゴルフフェア2016 フォトレポート